​第三回 虎舟塾展

鶴岡 そらやす

あっぱれ
「天晴」 (あっぱれ)

  

驚くほど立派で、見事であるさま。すっかり感心したり、

強く驚いたりしたときに発する語。そんな自分でありたいと

願って書き上げた。

・天

音は(テン)。手足を広げた人を正面から見た形の大の上に、大きな頭をつけた形。

人の力の及ばぬことを全て天というようになった。

 

・晴

音は青(セイ)。青に澄み通るの意味があって、はれる、の意味となる。

麻
「朝」 (あさ)

朝が来るように、明るい気持ちで毎日を迎えたい

そんな想いで書き上げた文字。

・朝

艸と日と月とを組み合わせた形。草の間に日が

出ているが、残月がなおかかる形で朝あけの時。

sake.jpeg
「福」 (ふく)

これからの毎日に、福が来るように願いを込めて

書き上げた文字。これを書いて家に飾ってから、

様々なプラスの出来事が身の回りに起きている。

・福

福の元の文字は福。畐+示。畐は中のふくらんだ

酒の器、示は祭卓の形。神前に酒を供えて祭り、

幸せを求めることを福(さいわい)の意味とした。