​第二回 虎舟塾展

福島 美生 虎舟

93691618_249448773105221_129227889971088
一心.jpeg
「青龍がいく」 (せいりゅう)

 

四方を守る四神で東方の守り神。季節は春、色は青、「青春」の元。

水の神、農耕の神として古代の人々に敬われあがめられた。

神の使いとして天空をエネルギッシュに駆け回る青龍のパワー。

そのたぎるエネルギーを、太筆に青墨と青い墨を同時に付け一気に書き上げた時、青墨と青が美しく混じり合った。

・龍

神の使いとして冠をかぶった龍神のカタチ

「一心」 (いっしん) 


心を、ひとつのことに集中して立ち向かう、その心。

成せばなる、成さねばならぬ何ごとも  成らぬは人の 成さぬなりけり。

この言葉を小さい頃から父がよく言っていたが、人生を重ねると腑に落ちる。

心を無にして、一心不乱でひたすらで精進する。

その心を青墨で一気に書き上げた。

・一

算木を横に並べたカタチ

 

・心

心臓のカタチ