​第二回 虎舟塾展

​園田 士朗

「生」と「般若心経」

 

ただひたすらに生きる。迷いながら生きる。

仏の教えを神の文字で書いてみた。

・生

草の生える形。生は種子から芽を出す発芽の形。

 

・般若心経の文字の中には、涅槃や羯諦(ぎゃてい)(ギャテイ)のように新しい概念の文字も有り、それらはそれぞれ漢字の偏旁を古代文字に置き換えて表現した。

「習」 
(シュウ、ならう、なれる、かさねる)

   

古代文字の魅力に取りつかれて二年半。あらためて、

文字に秘められた言霊に驚きを感じ、今の私に相応

しい文字として「習う」を選び、和紙に向かう。

・習

羽+曰(エツ)の会意字。曰は祝詞を入れる器。

この器の上に羽をおき、羽でなでることで呪文を刺激し、それを繰り返すことで呪能を高めた。その行為を摺るという。

習うは繰り返すことであり、なれることである。このことから習慣の意となった。