​第三回 虎舟塾展

磯野 光重

ituki.jpeg
「樹」(じゅ、き、いつき)


自分の足でしっかりと立ち雨風にも負けない力強さ。 周囲に踊らされず自分の道を信じてまっすぐ行く。 まさにrock ‘n’ roll。 樹木希林さんへのオマージュだ。 彼女の遺した言葉・佇まいを忘れたくはない。

 

・樹

樹のつくりが楽器の鼓と手を表す。樹は樹を植える樹芸の際の儀礼を示す字。

古くから樹芸は神事的な儀礼としてあった。

inoshishi.jpeg
「亥」(い、いのしし)


今年の干支。 わき目もふらず真っすぐ進むシンボルです。 わたしも「エイヤー!」で参ります。 そんな亥年です。

 

・亥
​亥は頭部・腹部の線がなくて、豚は腹部をも示す。 字形の上に区別がある。 豚は古くは犠牲として用いられ、亥には腹身のところを描くものがない。

hijiri.jpeg
「聖」(せい、ひじり)


亥年を聖者のごとく…。 神の声を聴けるとすれば、それは無心になれること。 無心になって事をなせば、そこに神が降りる。

 

・聖

耳と  (サイ)と壬の会意字。聖とは神の声を聞くことのできるものである。 甲骨文は大きな耳をもつ人の形にかかれている。 祈りによって神の声を聞きうるもの、それが聖者であった。