​第二回 虎舟塾展

​小川 正美

花鳥風月.jpeg

「花鳥風月」(かちょうふうげつ)    

自然と対峙するのではなく、ともに遊ぶ。 美しさと心地よさを味わう。 そして、この世に生を受けたことに感謝する。

 

・華(花)

左右に葉が出ている草花の形。

 

・鳥…鳥の形。鳥を象徴的にしるすものは多く神聖鳥。

 

・風…鳳形の鳥の形。古代風神の観念では、風は、もと方 神の使役する鳥形の使者であるとされ、天上にいる竜形の神が起こすものと解されていた。

 

・月…月の形。三日月の形で、中に小点を加えて、実体のあることを示す。

龍.jpg

「龍」 (りゅう)    

 

龍は、水の神の姿とされる。 人間の身体の三分の二は水分から成る。 龍は、土地のみならず、それぞれのヒトにも存在する のかもしれない。私の龍に出逢おうと、筆を取る。

・龍

頭に辛字形の冠飾をつけた蛇神の獣の形。この種の冠飾は鳳・虎にもみられるもので、霊獣たることを示すものである。

火.jpeg

「火」 (ひ)    

前回と同じ「火」を青墨で描いた。 前回は、激しい二面性を併せ持つ火の情熱、そして自ら の情熱に畏怖と憧憬を抱く、と述べた。  

もう少し澄み渡った情熱の世界もあるのかもしれない。と 今、思う。

・火

火焔の形。三つの炎が上る形に作る。「光」の字もまたその形に従う。古代においては、火が特に神聖視された。改火の俗や火祭りは、古代においては一般的にみられるものである。