キッズクラス

古代文字と言う言葉の響きから、古代史を頭から学ばなければならないかと、尻込みされた親御さんがいらっしゃいました。

しかし、絵本や童話の世界に入り込むように、自然界を昔の人たちは、どんなふうに捉えていたのか?太陽は、月は?朝という字は、雲は、雪は、雨は?川や山は、お母さんは?鹿は、象は?と、説明を足していきますと、もうそれだけで、子供の頭の中には、シンプルなビジョンが描かれるのでしょう、理解が早く、絵を描くように筆を走らせます。

しかも、その線は伸び伸びと活き活きとリズミカルに描かれていきます。書き終えたその文字は、大人顔負けの大胆な筆筋、渇筆が生まれていて、毎回、感嘆させられます。

いずれは、児童だけのクラス時間を設定致します。

テキストです。ここをクリックして「テキストを編集」を選択して編集してください。